2013年7月5日金曜日

カンボジア:プノンペン 未来のつくりかた。


(画像:google )
(画像:google)

キリングフィールドを出るとプノンペンの市街地に戻った。
トンレサップ川沿いに淡い色の建物が並ぶ
町から川を見下ろすと50mはある堤防の下を大きな船が行き交っている。
時々ボーッと汽笛が鳴る。
川の水はきれいではないが、水のある景色はやはり気持ちがいい。
でも、キリングフィールドの光景が頭にこびりついて離れない。

(青空エアロビを楽しむ人々)

今は午後四時くらい。
日が暮れるまで十分に時間がある。
堤防で考え事をしている俺の視線の先に、タンクトップに短パン姿の男性が現れた。
肩にラジカセを担いでいる。
ひらけた場所で立ち止まると、ラジカセを置いてスイッチを入れる。
軽快な音楽が鳴る。
リズムに乗ってエアロビを踊り始めた。
すると、そのうしろにだんだん人が集まってきて踊る。
たちまち200人程の大集団になった。
老若男女、痩せた人も太った人もいる。
動きがそろってる。
どんどん人が増えて同じ動きをする様子はフラッシュ・モブみたいだ。
30分ほどで音楽が止むと、参加者がラジカセの横に置かれた小箱に小銭を投げ入れていく。
青空エアロビ教室だった。

エアロビの場所のさらに奥で若者たちがサッカーをしている。
始め12、3人で一つのボールを追いかけていたが、
こちらもじゃんじゃん人数が増えて30人近くまでふくれあがっていた。
点を取ったチームがハイタッチしている。

(写真:Google)

ポル・ポト時代について、カンボジア人が仲間同士で話すことはほとんどないという。
誰が加害者で、被害者だったのかを語らない。
自分の家族を処刑台に送り込んだのはエアロビで隣にいる男かもしれないし、自分が密告したのはハイタッチをしたチームメイトの親戚かもしれない。
異常な時代について市民同士は掘り起こさない。
「裁いても豊かになれないなら、過去は振り返らない」

そういうことなのか。

今もポル・ポト派幹部数名の裁判は終わらない。
老いた被告や生き証人は法廷に立たなくなりつつある。
ある者は死に、ある者は痴呆とされて釈放された。
これは裁きを先延ばしにして幹部が極刑を避けるためなのか。
アメリカ・中国がポル・ポト派を支援した過去を隠すためなのか。
歴史的大虐殺を主導した被疑者の権利を守るカンボジア特別法廷。
二百万人の犠牲者の魂は、被告たちが迎える安らかな死をどのように見届けるのだろうか。
暗すぎる歴史は光が当たらぬまま永久の眠りにつこうとしている。

釈然としない気持ちのままカンボジアを離れることにした。

0 件のコメント:

コメントを投稿